NEWS

category

食品代謝栄養学グループの南友香梨さんが、日本農芸化学会関西支部第509回講演会にて若手優秀発表賞を受賞しました。

若手優秀発表賞受賞

日本農芸化学会関西支部第509回講演会・ミニシンポジウム

2019年7月20日(土)

 

大阪府立大学で開催された日本農芸化学会関西支部第509回講演会・ミニシンポジウムにおいて、応用生命科学分野博士前期課程2年の南友香梨さん(食品代謝栄養学グループ)が若手優秀発表賞を受賞しました。
発表演題「アンドロゲン受容体ノックアウトマウスの代謝疾患発症に対する抗生物質の影響」です。