NEWS

category

小胞体ストレス応答で働くセンサータンパク質「IRE1」の新たな仕組みを発見

大阪府立大学 生命環境科学研究科 応用生命科学分野 三柴 啓一郎 准教授、岩田 雄二 准教授、望月 知史 講師、松村 篤 講師、西岡 七海 大学院生、平田 梨佳子 大学院生、小泉 望 教授の研究グループは、「小胞体ストレス応答」を誘導するセンサータンパク質「IRE1」が植物の発達過程で働く新しい仕組みを発見しました。

詳細はこちら