応用生命科学専攻

応用生命科学専攻の教育は地球生命系を構成する生物が持つ多彩な生命現象を解明するバイオサイエンスの発展と生物の多様な機能の応用技術としてのバイオテクノロジーの発展に寄与する人材の育成を目的としています。

博士前期課程では、応用生命科学における知識と技術、研究倫理を身につけ、社会の多方面で活躍できる人材を育成します。

さらに、博士後期課程では、応用生命科学における高度な知識や技術を持ち、総合的な視野や洞察力、研究倫理、独創性、自立的研究能力を身につけた人材を育成します。

応用生命科学分野

応用生命機能学領域 / Applied Biological Sciences

index_img_01

応用生命機能学領域では、生命環境を巨視的に眺め、それを形成する生物それぞれの生命環境における機能・役割、生物間相互作用、生物共生系、さらには生物資源の循環を主な教育・研究対象とします。

bnr_staff

生体分子化学領域 / Biomolecular Chemistry

index_img_02

生体分子化学領域では、生物機能、生命現象そのものに焦点をあて、それらを細胞や分子のレベルで解明するとともに、それを基盤とした応用分野に関する教育・研究を行います。

bnr_staff

統合生命科学領域 / Integrated Bioscience

index_img_01

資源植物の生育や栄養生理、品質、病害抵抗性などにかかわる機能を遺伝子・タンパク質レベルで解析するとともに、それらを分子遺伝学的な方法を使って改良・改変するための原理と技術に関わる領域を担当します。

bnr_staff

植物生産科学領域 / Plant Production Science

index_img_02

遺伝資源植物の探索と収集、新しい機能をもった植物の開発、開発した植物の実用性の評価と増殖、持続的利用のための栽培技術、遺伝子組換え体の生態系管理などに関わる領域を担当します。

bnr_staff