専門授業科目概要

緑地環境科学ゼミナールA
1年次 前期 必修 1単位 担当:専攻全教員
地球規模での環境問題や都市圏の持続的発展といった課題を総合的に捉え、社会的使命と役割を理解する能力とともに緑地環境科学に関わる人文・社会科学・情報技術に関する高度な知識と応用能力を培い課題発掘や問題解決の創造性や能力を高め、高度なプレゼンテーション能力を養成する。
緑地環境科学ゼミナールB
1年次 後期 必修 1単位 担当:専攻全教員
地球規模での環境問題や都市圏の持続的発展といった課題を総合的に捉え、社会的使命と役割を理解する能力とともに緑地環境科学に関わる人文・社会科学・情報技術に関する高度な知識と応用能力を培い課題発掘や問題解決の創造性や能力を高め、高度なプレゼンテーション能力を養成する。
緑地環境科学ゼミナールC
2年次 前期 必修 1単位 担当:専攻全教員
緑地環境科学の高度な専門能力、その実践に関わる技術開発や問題解決能力とともに論理的記述力、表現能力、コミュニケーション能力を培い、自主的、計画的に研究を推進する高度な能力を養成する。
緑地環境科学ゼミナールD
2年次 後期 必修 1単位 担当:専攻全教員
緑地環境科学の高度な専門能力、その実践に関わる技術開発や問題解決能力とともに論理的記述力、表現能力、コミュニケーション能力を培い、自主的、計画的に研究を推進する高度な能力を養成する。
緑地環境科学研究実験A
1年次 前期 必修 2単位 担当:専攻全教員
生態学的に健全な都市圏や緑地環境の保全・創成に向けた緑地の環境計測や評価、緑地の保全や計画、デザイン、管理などの研究や技術開発に関する基礎・応用能力を養成する。
緑地環境科学研究実験B
1年次 後期 必修 2単位 担当:専攻全教員
生態学的に健全な都市圏や緑地環境の保全・創成に向けた緑地の環境計測や評価、緑地の保全や計画、デザイン、管理などの研究や技術開発に関する基礎・応用能力やプレゼンテーション能力を養成する。
緑地環境科学研究実験C
2年次 前期 必修 2単位 担当:専攻全教員
生態学的に健全な都市圏や緑地環境の保全・創成に向けた緑地の環境計測や評価、緑地の保全や計画、デザイン、管理などの研究や技術開発に関する専門的能力やプレゼンテーション能力を養成する。
緑地環境科学研究実験D
2年次 後期 必修 2単位 担当:専攻全教員
生態学的に健全な都市圏や緑地環境の保全・創成に向けた緑地の環境計測や評価、緑地の保全や計画、デザイン、管理などの研究や技術開発に関する専門的能力やプレゼンテーション能力を養成する。
緑地環境科学特論
1年次 後期 必修 2単位 担当:石井 実・堀野 治彦・増田 昇
緑地環境科学は、緑地生態系を構成する大気や水、土、生物群集などの環境要素とシステム全体の質および人間活動との相互作用を評価し、生態的に健全な都市圏や緑の環境形成を目標とする。本講義では、環境の質や人間活動との相互作用を評価するためのモニタリングや制御とともにより良い環境を形成するための環境保全や創成に関する各種の理論や方法論を体系的に学ぶとともにより実践的な方法を習得させる。
緑地環境科学入門特論
1年次 前期 選択 2単位 担当:上甫木 昭春・北宅 善昭・山田 宏之
緑地環境科学は、緑地生態系を構成する大気や水、土、生物群集などの環境要素とシステム全体の質及び人間活動との相互作用を評価し、生態系にとって健全な都市圏や緑の環境の形成を目標とする。本講義では、各担当者がそれぞれの専門の立場から環境の質や人間活動の相互作用を評価するためのモニタリングや制御に関する各種の理論や方法論、環境を形成するための保全や創成に関する各種の理論や方法論を概観し、緑地環境科学の基本的な考え方を講義する。
緑地環境科学応用演習
2年次 前期 選択 2単位 担当:専攻全教員
幅広い視野と高い倫理観を備え、高度な専門技術や問題解決能力とともにコミュニケーションやプレゼンテーション能力を養成する。
緑地環境科学応用実験
2年次 後期 選択 2単位 担当:専攻全教員
生態学的に健全な都市圏や緑地環境の保全・創成に向けた緑地の環境計測や評価、緑地の保全や計画、デザイン、管理などの研究や技術開発に関する応用能力を養成する。
大気環境学特論
隔年 前期 選択 2単位 担当:山田 宏之・青野 靖之
より良い緑地環境を保全・創生するためには、緑地生態系の主要な構成要素である生物に影響する環境要因を的確に把握するとともに、生物と環境、あるいは環境要因間の相互作用のメカニズムを解明することが重要である。ここではその基礎として、植生、大気などの相互の影響を解明するための調査・解析方法、ならびにそれらの影響についてこれまでに明らかになっている気象学・気候学的な最新の知見を習得させる。
生物環境学特論
隔年 後期 選択 2単位 担当:北宅 善昭・渋谷 俊夫
緑地環境をより適切に保全・創成するためには、緑地生態系の主要な構成要素である生物に影響する環境要因を的確に把握するとともに、生物と環境の相互影響のメカニズムを解明することが重要である。ここではその基礎として、生物と環境の相互影響を解明するための最新の計測、調査、解析方法、ならびにそれらを応用した生物の管理手法について、その理論と実践技術を習得させる。
土地環境情報学特論
隔年 前期 選択 2単位 担当:谷川 寅彦・木全 卓
緑地や緑地に関わる諸施設の基盤である土地環境を構成する広義の土環境(地盤・土壌)を対象とし土と水の関わりについて、地域の環境情報を踏まえた土環境の防災・工学的並びに環境土壌物理学的な諸特性の把握を中心に、好適な土地環境の評価(計測・解析)と制御(管理・改善)に関する工学的な技法について講義する。具体的には、土地環境・防災に関わる先進的な情報処理、環境負荷をより低減させる緑化基盤としての土壌環境に関する先端的な理論及び応用技術並びに自然環境に配慮した各種地盤材料の特性評価や循環的再利用技術などについて修得させる。
水環境学特論
隔年 後期 選択 2単位 担当:堀野 治彦・中桐 貴生
水、土および大気は緑地環境に関わる重要な基本的構成基盤要素である。本講義では、特に水を中心にその循環プロセスに注目し、大気や土壌との関わりを含め、その機構・諸量の測定・変動予測・マクロ評価などを解説するとともに、これらの管理や制御に関わる技術や考え方を習得させる。特に、農学・工学的な視点による地域資源としての水、土、大気に関わる環境を中心に据え、生態系および人の暮らしにも配慮した管理への応用も意識させる。
緑地保全学特論
隔年 前期 選択 2単位 担当:藤原 宣夫・中村 彰宏
人間と生物の環境基盤を構成する各種の緑地を対象に、都市生態系や人の影響下にある自然生態系の成り立ちを明らかにするための技術や方法論を体系的に学 び、里地里山や公園などの緑地を利用しつつ健全な状態で保全するための手法と技術、厳しい環境や過去の人為作用のため劣悪な状態にある土地の緑化修復と生 物多様性の回復技法、植物の環境機能を用いて快適で安全な生活空間を形成し維持管理するための手法を学びそれらに関連した研究計画、論文の作成法を習得させる。
緑地計画学特論
隔年 後期 選択 2単位 担当:増田 昇・下村 泰彦・加我 宏之
都市環境や生活環境の基盤を構成する緑地や環境総体を表す景観を対象に、生態的に健全な都市圏の形成に係わる計画事例や各種の緑地空間のデザイン事例の学習や討議を通じて、その機能や構造を明らかにするための技術や方法論、実践的な対応や海外での動向を学ぶとともにそれらに関連した研究計画、論文の作成法を習得させる。
地域生態学特論
隔年 前期 選択 2単位 担当:上甫木 昭春
都市圏において保全・創成された緑 地を対象に、生態学的側面からみた緑地の育成管理の理論と方法論、人間生活行動との関係性の中で緑地を健全に持続させるための利用・管理のしくみ、自然との共生環境に配慮した行動を啓発する自然環境教育の理論や方法論などを体系的に学ぶとともにより実践的な方法やそれらに関した研究計画、論文の作成法を習得させる。
環境動物昆虫学特論
隔年 前期 選択 2単位 担当:石井 実
昆虫類などの陸上無脊椎動物や魚類・両生類・爬虫類などの小型脊椎動物は各種緑地生態系の主要な構成要素であり、植食者、肉食者、腐食者として食物連鎖を通じた物質循環を担うとともに、植物との間に花粉媒介や種子分散などの共生系を成立させている。本講義では、緑地生態系の成り立ちの理解、その保全と創成、希少動物個体群とその生息場所保全の技術開発など、生物多様性保全に必要な、主要動物群に関する動物行動学、生態学、系統分類学、生物地理学などの分野における最新の理論と研究成果についての理解を図る。
緑地環境科学特別講義A
隔年 前期 選択 2単位 担当:本藤 祐樹(学外講師)
持続可能な社会を構築するためには自然環境と人間活動の調和が求められ,その実現の重要な鍵を「技術」が握っている.それ故に,持続可能性という観点から,どのような技術を開発すべきか,社会へどのように導入すべきか,また社会でどのように利用すれば良いのか,という問いに対する答えが求められている.それらの問いを解くために,ライフサイクルアセスメント(LCA)と呼ばれる,技術や製品の環境影響を定量的に分析/評価する方法がある.本講義では,LCAの考え方と具体的な計算方法を習得させるとともに,その学習を通して持続可能な社会に向けた道筋について考察させる。
緑地環境科学特別講義B
2年次 前期 選択 2単位 担当:赤﨑 弘平(学外講師)
緑地創成の対象として重要な空間である都市において、広域と地区のそれぞれ次元の異なった生活空間の広がりを把握するとともに、現代都市が抱える諸問題の多面的な理解を図る。さらに、現在における都市論や都市計画制度、土地利用規制や開発事業など、都市や市街地の整備、開発、保全を進める様々な手法について、実践事例を通じてその基本的な枠組みの理解を図る。