細胞情報化学領域

教員情報

教授 太田 大策 (OHTA Daisaku)
大学院担当授業科目 応用生命科学特論A、応用生命科学ゼミナールA・B・C、応用生命科学研究実験A・B・C・D、機能ゲノム科学特論
研究内容 自然界には多様な生物が独自の代謝機能を進化させている.そのような個々の細胞代謝活性が個体レベルの機能として統合され保存されなければならなかった理由を,ゲノム情報解析と代謝産物の包括的一斉解析法(トランスクリプトミクスとメタボロミクス)によって解明することを目指している.具体的研究項目として,フーリエ変換質量分析(FT-ICR/MS)を基にした独自のメタボロミクス研究手法の開発,未知の植物遺伝子機能の探索と有用性開拓,シトクロムP450の機能解析,食品などの有機系多成分混合物の品質と機能の評価などを行っている。
キーワード シトクロムP450、メタボロミクス、機能ゲノム科学、マススペクトロメトリー
Office hour 水曜日(9:00~10:00) <C17-404>
その他 詳細活動情報へicon_new_win
教授 杉本 憲治 (SUGIMOTO Kenji)
大学院担当授業科目 応用生命科学特論A、応用生命科学ゼミナールA・B・C、応用生命科学研究実験A・B・C・D、細胞分子生物学特論
研究内容 ほ乳動物細胞の細胞分裂や染色体分配についての研究をおこなっている。特に、生きた細胞内で細胞分裂にかかわるタンパク質を可視化しその挙動を追うことでその機能を探るとともに、抗ガン剤等の生理活性物質が細胞分裂を阻害する様式について解析している。
キーワード クロマチンの修飾、細胞の可視化、抗ガン剤と細胞分裂、染色体のダイナミクス
Office hour 月曜日(12:00~13:00) <C17-403>
その他 詳細活動情報へicon_new_win
研究室/個人サイトへicon_new_win
准教授 岡澤 敦司 (OKAZAWA Atsushi)
大学院担当授業科目 応用生命科学特論B,応用生命科学ゼミナールA・B・C、応用生命科学研究実験A・B・C・D、機能ゲノム科学特論
研究内容 植物の代謝ならびにこれを制御するシグナルを理解し,これらを人為的に操作することによって社会に貢献することを大きな目標として研究を進めている.現在は,寄生植物を研究対象として,その新しい防除戦略の構築を試みるとともに,この高度に進化した植物のもつ特殊化した遺伝子資源の活用にも視野を広げて研究を展開しようと考えている.また,有用物質生産のための植物の代謝工学研究にも力を入れている。
キーワード (1)植物 (2)代謝制御 (3)物質生産 (4)遺伝子資源
Office hour 月曜日(17:00-18:00) <C17-408>
その他 詳細活動情報へicon_new_win
講師 古川 一 (FURUKAWA Hajime)
大学院担当授業科目 応用生命科学ゼミナールA・B・C、応用生命科学研究実験A・B・C・D
研究内容 遺伝子発現と代謝産物の解析から植物の有用成分生産を高める機構の解析をおこなっている。
キーワード 遺伝子発現ネットワーク 定量的遺伝子発現解析 花器形成
Office hour 水曜日(9:00~10:00) <B11-326>
その他 詳細活動情報へicon_new_win
助教 小川 拓水 (OGAWA Takumi)
大学院担当授業科目 応用生命科学ゼミナールA・B・C、応用生命科学研究実験A・B・C・D
研究内容 植物-異種生物間の化学物質を介したコミュニケーションの分子メカニズムを解明するために、植物とその根圏に生息する微生物の“ゆるい共生関係”に着目し、遺伝子発現解析やメタボローム解析を進めている。
キーワード 植物-異種生物間相互作用、メタボロミクス、マススペクトロメトリー、シロイヌナズナ
Office hour 水曜日(13:00~14:00) <C17-405>
その他 詳細活動情報へicon_new_win
助教 西村 重徳 (NISHIMURA Shigenori)
大学院担当授業科目 応用生命科学ゼミナールA・B・C、応用生命科学研究実験A・B・C・D
研究内容 酵素、特に糖質関連酵素の触媒機構を解明するために、反応速度論的研究と構造生物学的研究を進めている。立体構造に基づく機能解析にはNMR, X線結晶構造解析を積極的に行い、酵素と基質との相互作用を明らかにしている。
キーワード 酵素、蛋白質、X線結晶構造解析、NMR、反応速度論、構造生物学
Office hour 水曜日(12:00~13:00) <C17-405>
その他 詳細活動情報へicon_new_win
研究室/個人サイトへicon_new_win
助教 深田 尚 (FUKADA Takashi)
大学院担当授業科目 応用生命科学ゼミナールA・B・C、応用生命科学研究実験A・B・C・D
研究内容 分子細胞生物学の立場から、タンパク質の局在や移動、細胞の接着や運動などが生命現象に果たす役割の解明を目指している。現在は主にアクチン細胞骨格系について、細胞機能の調節や力学応答への関わりを解析している。
キーワード 細胞生物学、細胞骨格、細胞内情報伝達、力学応答
Office hour 月曜日(12:00~13:00) <C17-402>
その他 詳細活動情報へicon_new_win
研究室/個人サイトへicon_new_win